IR情報

HOME > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

当社では以下の基準に基づき情報の開示をおこなっております。

1.情報の開示基準について

当社が株式を上場している東京証券取引所においては、投資者が最新の会社情報を迅速、正確かつ公平に入手できるように上場各社に会社情報の適時開示を求めております。当社では、同所の定める適時開示規則に沿って情報開示を行っております。

開示規則に基づき、投資判断に影響を与える「上場会社に係る情報」と「子会社に係る情報」について、決定事実に関する情報、発生事実に関する情報、決算に関する情報、既に開示した重要な内容について訂正、中止等が行われた場合、その他開示規則で求められている情報について適時開示をおこないます。 また、当社では、開示規則に該当しない情報についても、投資家の需要に応えるべく、できるだけ積極的かつ公平に開示するよう努めております。

2.情報の開示方法について

適時開示規則に該当する情報の開示は、適時開示規則に従い、東京証券取引所への事前説明の後、同取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開された後、速やかに当社サイトへ掲載することとします。

3.沈黙期間について

当社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問、回答、コメント等差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間内に業績予測を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宣公表いたします。

4.その他

当社ホームページでの情報の検索にあたりましては、本情報開示に関する当社の方針(ディスクロージャーポリシー)のみならず、別途掲載されている免責事項も合わせてご参照ください。