ポリプロピレン用弾性接着剤

従来の弾性接着剤スーパーXでも接着が難しかったポリプロピレン樹脂にノンプライマーでの接着を可能にした弾性接着剤です。無溶剤、弾性接着、粘着接着というスーパーXの三大特長をそのまま維持し、ポリプロピレン樹脂と各種異種材料との耐久接着に信頼性を発揮します。

特長

  1. 1.ポリプロピレン樹脂への優れた接着性
  2. 2.プライマー処理不要による工数削減と作業環境の向上
  3. 3.各種材料への優れた接着性(ポリエチレン、POM、シリコーン、フッ素などを除く)
  4. 4.硬化後は耐久性に優れる弾性接着

試験データ

1.引張りせん断接着強さ/各被着材同士

各被着材同士 接着強さ (N/mm2) 破壊状態
ポリプロピレン 2.3 AF
硬質塩化ビニル 2.6 CF
ポリカーボネート 2.7 CF
ポリスチレン 1.9 AF
ABS 2.7 CF8AF2
アクリル 2.1 CF5AF5
6−ナイロン 1.7 CF
アルミ 2.2 AF
軟鋼板 2.0 AF

試験条件

  • JIS K 6833 接着剤の一般試験方法に準拠
  • 塗布量:片面100μmで両面塗付
  • オープンタイム:アルミ・軟鋼板・ポリプロピレンは5分、その他は2分
  • 養生時間:23℃50%RH×7日間

2.剥離接着強さ

被着材 接着強さ (N/25mm) 破壊状態
キャンバス布同士 ※1 55.9 CF
ポリプロピレン×キャンバス布 ※2 56.0 CF

試験条件

  • 試験方法:※1 T型はく離強さ  ※2 180度はく離強さ
  • 塗布量:片面200μmで両面塗付(両面目止め)
  • オープンタイム:なし
  • 養生時間:23℃50%RH×7日間
  SX-PPK1000
性状 用途/特性/特長 ポリプロピレン専用
タイプ 1液湿気硬化形弾性接着剤
主成分 アクリル変成シリコーン
外観 クリーム色ペースト状
不揮発分(wt%) 95.1
粘度(Pa・s/23℃) 140
指触乾燥時間 12分
容量規格 333ml
ページ上部へ
  • SDS/カタログ検索
  • 家庭用
  • 建築用