車止め用

車止め用

自宅やマンション、商業施設、コンビニ、コインパーキング等、駐車スペースには安全や目印のため「車止め」を設置します。
コンクリートブロックやABS樹脂等の車止めをコンクリ―ト下地やアスファルト下地へ強力接着し、無溶剤で安全かつ、耐衝撃・耐水性に優れた車止めの接着に最適な製品をご紹介いたします。

ラインナップ

コンクリート・ABS樹脂などの車止めの接着、アスファルト下地への接着

  • 車止め用(1液型変成シリコーン樹脂系弾性接着剤)
  • EP45(コンクリート・金属用エポキシ樹脂系接着剤)
  • ピタブロック(1液・水性接着剤)

車止め用(1液型変成シリコーン樹脂系弾性接着剤)の使い方。

①接着する面のゴミ、汚れ等を取り除き、よく乾燥させます。(段差や大きな凹凸は事前に修正しておきます)

②チューブ(または、カートリッジ)を開封してください。粘度の高い接着剤ですので、穴はしっかりと充分に開けてください。

③ノズル先端をブロックに押しつけながら、人差し指程度の太さで、線状に塗布します。

④接着剤塗布後は、なるべく早く圧着してください。

⑤1日放置し(23℃の場合)、接着剤を硬化させます。(5℃以下では極端に硬化が遅くなることがあります。)

関連製品一覧