タイル張り仕上げ│欠損部充てん工法(ポリマーセメントモルタル)

欠損部充てん工法(ポリマーセメントモルタル)

外壁改修工事では、その仕上げの種類や劣化現象等の複合要因により、種々の工法が実施されていますが、当サイトにおいては標準工法として、4つの外壁改修工法を選定しています。

1.コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
2.モルタル塗り仕上げ外壁の改修
3.タイル張り仕上げ外壁の改修
4.外壁シーリングの改修

こちらでは、タイル張り仕上げ「欠損部充てん工法(ポリマーセメントモルタル)」をご紹介いたします。

工法のご紹介

1.改修範囲の確認

欠損部の状況を確認し、改修範囲を決定する。

  • 確認は目視による。
  • 欠損部周辺の脆弱部分は、ハンマー等で軽い打撃を与えて除去する。

【使用する機材】

  • テストハンマー
  • スケール等

2.下地処理

下地部分は、ワイヤーブラシ等でケレンし、清掃を行う。

  • 汚れ、ほこり、油等の除去を行う。
  • 欠損部周辺のタイル張り仕上げに脆弱部分がある場合は、ダイヤモンドカッター等で健全部分と縁を切って、損傷が拡大しないようにタイル目地に沿って切り込みはつり取る。

【使用する機材】

  • はつり道具
  • ワイヤーブラシ
  • ディスクサンダー等

3.防錆処理

鉄筋等が露出している場合は錆を除去し、防錆塗料を塗布する。

  • 部分的に露出している鉄筋及びアンカー金物は、健全部が露出するまでコンクリートをはつり、ワイヤーブラシ等でケレンを行い錆を除去し、防錆剤等を塗布して防錆処理を行う。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練容器
  • 混練具等

4.プライマー塗布

プライマーを製造所の仕様により計量・混練し、被着面にむらなく塗布する。

【使用する機材】

  • 刷毛等

5.調合

ポリマーセメントモルタルを製造所の仕様により、調合し混練りする。

  • 1回の練り混ぜ量は、施工条件に応じて決定するが、10m2を超えない範囲の量とする。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練機器等

6.充てん・仕上げ

はがれの状況により、1~3 層に分けてポリマーセメントモルタルを充てんまたは塗り付ける。

  • 各層の塗り厚は7mm 程度とする。
  • 表面を金ゴテで加圧しながら平滑に仕上げる。

【使用する機材】

  • 金ゴテ等

7.養生

各層とも、急激な乾燥を避け、適切な養生を行う。

  • ポリマーセメントモルタルが硬化するまでは損傷、汚染等がないようにするとともに降雨等からも適切な養生を行う。

【使用する機材】

  • 養生用具等

8.清掃

補修部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し清掃する。

【使用する機材】

  • ワイヤーブラシ
  • ディスクサンダー
  • 皮スキ等

9.自主検査

充てん材の仕上がり状態及び硬化状態を、目視及び指触により確認し、その結果を監督員に提出して、承諾を受ける。

【使用する機材】

  • 目視
  • 指触

10.タイル張り

欠損部補修後にタイル張りを行う。

  • タイルの部分的な張り替えで、既存の下地モルタル等がある場合及び1 か所当たりの張り替え面積が0.25m2程度以下の場合はタイル部分張り替え工法を適用する。
  • タイルの部分的な張り替えで、下地コンクリートの場合及び1 か所当たりの張り替え面積が0.25m2程度以上の場合はタイル張り替え工法を適用する。

【使用する機材】

  • タイルエースPro