UVトリガー型弾性接着剤SX-UVシリーズ

特長

  • UV照射がトリガーとなり、迅速に硬化(オンデマンド硬化)します。
  • UV照射後に貼り合わせが出来るので、紫外線を通さない不透明材料の接着も可能です。
  • 一液、無溶剤の弾性接着剤です。
  • 各種金属、プラスチック、セラミック等の広範囲な材料に対し良好な接着性を有します。
  • 幅広い温度域(-40℃~120℃)で良好な柔軟性と接着耐久性を維持します。
  • 電子部品に有害な低分子シロキサン化合物を含んでいません。

硬化プロセスイメージ

接着力立ち上がり挙動

試験データ

SX-UV100A

被着材 (単位:MPa)
金属 アルミ 4.2 CF
SPCC 1.4 AF
プラスチック ポリカーボネート 3.4 CF
アクリル 3.4 CF
ABS 3.6 CF
PVC 3.5 CF
PA6 2.4 AF
ポリスチレン 2.5 AF
PET 3.3 CF
その他 ガラス 3.3 CF
ガラス×PC(ガラスファイバー20%) 3.7 CF

※CF:接着剤の凝集破壊 AF:界面破壊

ランプ:UV-LED(365nm)
照度:1000mW/cm2
積算光量:2000mJ/cm2
養生:23℃50%RH×7日間

SX-UV220

被着材 (単位:MPa)
金属 アルミ 6.0 CF
SPCC 4.0 CF
プラスチック ポリカーボネート 2.5 CF2 AF8
アクリル 3.7 CF
PEEK 3.0 CF
ABS 3.4 CF
PVC 3.8 CF
PA6 3.9 CF
PA MXD6 4.0 CF
ポリスチレン 3.0 MF
その他 ガラス 5.8 CF

※CF:接着剤の凝集破壊 AF:界面破壊 MF:被着材の材料破壊
 数字はそれらの割合を示す。

ランプ:UV-LED(365nm)
照度:1000mW/cm2
積算光量:1000mJ/cm2
養生:23℃50%RH×7日間

製品ラインナップ

関連製品一覧