モルタル塗り仕上げ│ひび割れ部Uカットシール材充てん工法(可とう性エポキシ樹脂)

ひび割れ部Uカットシール材充てん工法(可とう性エポキシ樹脂)

外壁改修工事では、その仕上げの種類や劣化現象等の複合要因により、種々の工法が実施されていますが、当サイトにおいては標準工法として、4つの外壁改修工法を選定しています。

1.コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
2.モルタル塗り仕上げ外壁の改修
3.タイル張り仕上げ外壁の改修
4.外壁シーリングの改修

こちらでは、モルタル塗り仕上げ「ひび割れ部Uカットシール材充てん工法(可とう性エポキシ樹脂)」をご紹介いたします。

工法のご紹介

1.改修範囲の確認

ひび割れ状況を確認し、改修範囲を決定する。

  • 確認は目視及びクラックスケール等による。
  • 改修範囲をチョーク等で明示する。

【使用する機材】

  • クラックスケール

2.挙動の確認

ひび割れが挙動しているか否かを確認する。クリップゲージ及びコンタクトゲージによって確認できるが、簡易な方法としてひび割れ部分にエポキシ樹脂系接着剤を薄く塗布し(挙動があると接着層にひびが入る)経時的に観察することも可能である。

【使用する機材】

  • ゲージ

3.モルタルの撤去

ひび割れを中心に、幅 100mm 程度のモルタルをはつり撤去する。

  • ダイヤモンドカッター等で幅100mm 程度のモルタルをカットし、健全部と縁切りする。
  • カットしたモルタルを健全部に影響を与えないようにはつり撤去する。
  • ほこり・切り粉等を清掃する。
  • 露出したひび割れを確認し、監督員に報告する。

【使用する機材】

  • ダイヤモンドカッター

4.カット

ひび割れに沿って電動カッター等を用いてU字型の溝を設ける。

  • 幅10mm 程度、深さ10~15mm 程度にひび割れの中心を外さないようにカットする。
  • ひび割れが曲がりくねっている場合は、直径の出来るだけ小さいブレードを用いる。
  • Uカット後は切り粉の清掃を入念に行う。

【使用する機材】

  • 電動カッター等
  • ワイヤーブラシ
  • 刷毛
  • 圧縮空気等

5.プライマー塗布

エポキシ樹脂プライマーを溝内部に均一に塗布する。

  • 被着体に適したプライマーを塗り残しのないように塗布する。
  • プライマー塗布後、ごみ、ほこり等が付着した場合または充てんが出来ない場合は再清掃し、プライマーを再塗布する。

【使用する機材】

  • 刷毛
  • 補修用プライマーEP10、EP20

6.計量・混練り

可とう性エポキシ樹脂を製造所の仕様により、均一になるまで混練りする。

  • 主剤と硬化剤を正確に計量する。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練容器
  • 混練具等
  • PM700LMG、PM165、EP90

7.充てん・仕上げ

可とう性エポキシ樹脂を充てんし、平滑に仕上げる。

  • コーキングガンのノズルをUカット溝に当て充てんする。
  • 充てん後は、へらで押さえ、下地と密着させて表面を平滑に仕上げる。
  • 補修部の上に仕上塗材、塗料等を施工する場合は、充てん後、可とう性エポキシ樹脂の表面にけい砂を散布する。

【使用する機材】

  • コーキングガン
  • パテベラ等
  • コテ
  • けい砂

8.養生

シール材が硬化するまで適切な養生を行う。

  • 損傷、汚染等のないようにするとともに降雨等からも適切な養生を行う。

【使用する機材】

  • 養生用具等

9.清掃

充てん部以外に付着した汚れ等を適切な方法で除去し、清掃する。

【使用する機材】

  • ディスクサンダー
  • 皮スキ等

10.自主検査

シール材の仕上がり状態及び硬化状態を目視及び指触により確認し、その結果を監督員に提出して、承諾を受ける。

【使用する機材】

  • 目視
  • 指触

11.モルタル充てん塗り替え仕上げ

カット部にモルタルを充てんし、仕上げる。

  • 撤去面積が0.25m2以下の場合は充てん工法を適用する。
  • 撤去面積が0.25m2を超える場合はモルタル塗り替え工法を適用する。

【使用する機材】

  • EP80

関連製品一覧