機能別接着剤放熱接着剤

放熱タイプ接着剤

熱伝導性の高い接着剤シリーズです。

特長

熱伝導性の高い弾性接着剤です。硬化するので、オイルブリードやポンプアウトの心配が無く、シロキサンフリーで接点障害の懸念がありません。

製品データ

放熱性接着剤
SX1008 SX1010 RH96L
アクリル変性特殊ポリマー1液型弾性接着剤
用途/特性/特長 低粘度タイプ 高粘度タイプ 耐熱性タイプ
外観 白色ペースト 白色ペースト グレーペースト
粘度 Pa・s/23℃ 120 650 250
SVI 2.0 4.2 4.5
密度 g/cm3 1.98 2.00 2.15
指触乾燥時間 23℃ 3分 3分 7分
硬化物性 硬さ ショアーA 84 85 65
ガラス転移温度 -62 -62 -44
破断強度 MPa 2.5 1.8 1.1
破断時伸び % 30 20 45
熱伝導率 W/m・K 1.7 2.1 2.14

機能別接着剤

  1. 難接着 …ポリプロピレンやポリエチレンなど、これまで接着が困難とされていた難接着物に適応した接着剤をご紹介します。
  2. UV硬化 …UV硬化型弾性接着剤をご紹介します。時差硬化型で、不透明なパネル接着などにも使用できます。
  3. 速硬化 …工程短縮に欠かせない速硬化タイプのうち、熱源や紫外線照射装置などの特別な装置を必要としないものをご紹介します。
  4. 透明性 …透明性に優れた二液混合型エポキシ系接着剤をご紹介します。
  5. 耐熱性 …耐熱性が必要とされる電気・電子部品用途や車載部品用途に適した高耐熱性接着剤をご紹介します。
  6. 弾性 …異素材接合にも最適な多用途性と〝しなやかで剥がれにくい〟特長を持つ弾性接着剤をご紹介します。
  7. 難燃性 …電気電子部品の接着やシールに実績のあるUL94V-0規格認定品をご紹介します。
  8. 放熱性 …シロキサンフリーで接点障害の懸念がない、熱伝導性の高い弾性接着剤をご紹介します。
  9. 導電性 …低温硬化が可能で、振動やヒートショックなどに対し優れた耐久性を有する導電性接着剤をご紹介します。

関連製品一覧

工業用のおすすめコンテンツ

SX8008
SDS/カタログ検索
接着基礎知識
わからないことはここで解決!「Q&A」