樹脂溶剤形塩化ビニル樹脂系/ニトロセルロース系

201F 1kg

210F 3kg

塩ビパイプ用A 100g

特長

  • 塩化ビニル樹脂系
    塩化ビニル樹脂、あるいは塩ビ酢ビ共重合体を変性したもので、特に軟質塩ビの接着において、その接着性とともに、可塑剤の移行に対する耐性に優れている。
  • ニトロセルロース系
    速乾性と、無色透明で仕上がりが美しいことから、模型工作から装身具、家具など広範囲な材料の接着に用いられる。

用途

  • 塩化ビニル樹脂系接着剤
    軟質塩ビの接着に。(201F,210F)
    硬質塩ビ管や塩ビ板の接着に。(塩ビパイプ用A)
  • ニトロセルロース系接着剤
    紙、木、皮革、ガラス、陶磁器、合成樹脂などの接着に。(321)

製品データ

一般性状

201F 210F(ニトリル変性) 塩ビパイプ用A 321
用途/特性/特長 軟質塩ビ同士の接着用 軟質塩ビと異種材料の接着用 硬質塩ビ同士の接着用 木、紙、布、皮革、陶器、セルロイド用
タイプ 耐可塑剤性良好 耐可塑剤性良好 ドープセメント 速乾
主成分 塩化ビニル樹脂 塩化ビニル樹脂 塩化ビニル樹脂 ニトロセルロース
外観 淡黄色透明 淡黄白色 無色透明 無色透明
不揮発分 wt% 33 32 17.1 28
粘度 mPa・s/23℃ 2.2 2.6 0.2 10.5
容量規格 180ml/チューブ 180ml/チューブ 100g/缶 180ml/チューブ
500g/缶 1kg/缶 500g/缶 1kg/缶
1kg/缶 3kg/缶
3kg/缶 15kg/缶
15kg/缶
オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック

関連製品一覧

工業用のおすすめコンテンツ

SX8008
接着基礎知識
わからないことはここで解決!「Q&A」