コンクリート打放し仕上げ外壁の改修|ひび割れ部シール工法

ひび割れ部シール工法

外壁改修工事では、その仕上げの種類や劣化現象等の複合要因により、種々の工法が実施されていますが、当サイトにおいては標準工法として、4つの外壁改修工法を選定しています。

1.コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
2.モルタル塗り仕上げ外壁の改修
3.タイル張り仕上げ外壁の改修
4.外壁シーリングの改修

こちらでは、コンクリート打放し仕上げ外壁の改修「ひび割れ部シール工法」をご紹介いたします。

工法のご紹介

1.改修範囲の確認

ひび割れ状況を確認し、改修範囲を決定する。

  • 確認は目視及びクラックスケール等による。
  • 改修範囲をチョーク等で明示する。

【使用する機材】

  • クラックスケール
  • スケール等

2.清掃

ひび割れに沿って汚れを除去し、幅50mm程度を清掃する。

【使用する機材】

  • ワイヤーブラシ
  • 皮スキ等

3.計量・混練

シール材を製造所の仕様により、均一になるまで混練りする。

  • シール材の選定は、挙動の少ない場合はパテ状エポキシ樹脂、挙動が比較的大きい場合は可とう性エポキシ樹脂とする。
  • 主剤と硬化剤は可使時間内に使い切る量を正確に計量する。

※一液タイプの場合は、そのまま使用する。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練容器
  • へラ等混練具
  • EP45、PM700LMG、PM165、EP90

4.塗布

シール材をパテベラ等で塗布し、平滑に仕上げる。

  • 幅10mm、厚さ2mm程度に塗布する。
  • 補修部の上に塗布仕上げ等を行う場合は、シール材の表面にけい砂を散布する。

【使用する機材】

  • パテベラ
  • 刷毛等
  • EP45、PM700LMG、PM165、EP90
  • 補修用プライマーEP10、EP20

5.養生

シール材が硬化するまで適切な養生を行う。

  • 破損、汚染等のないようにするとともに降雨等からも適切な養生を行う。

【使用する機材】

  • 養生用具等

6.清掃

シール部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し清掃する。

【使用する機材】

  • ディスクサンダー
  • ワイヤーブラシ
  • 皮スキ等

7.自主検査

シール材の仕上がり状態及び後片付けを確認する。

【使用する機材】

  • 目視
  • 指触

関連製品一覧