モルタル塗り仕上げ│注入口付アンカーピンニング エポキシ樹脂注入工法(全面注入)

注入口付アンカーピンニング エポキシ樹脂注入工法(全面注入)

外壁改修工事では、その仕上げの種類や劣化現象等の複合要因により、種々の工法が実施されていますが、当サイトにおいては標準工法として、4つの外壁改修工法を選定しています。

1.コンクリート打放し仕上げ外壁の改修
2.モルタル塗り仕上げ外壁の改修
3.タイル張り仕上げ外壁の改修
4.外壁シーリングの改修

こちらでは、モルタル塗り仕上げ「注入口付アンカーピンニング エポキシ樹脂注入工法(全面注入)」をご紹介いたします。

工法のご紹介

1.改修範囲の確認

浮きの状況を確認し、改修範囲を決定する。

  • テストハンマー等により、はく離のおそれがある浮き部について確認し、範囲をチョーク等で明示する。

【使用する機材】

  • テストハンマー
  • チョーク等

2.マーキング

スーパーアンカーピンの本数と位置を決定し、目地部にマーキングする。

  • 浮き部分に対するアンカーピン本数は、特記による。
  • 特記がなければ一般部分は9 本/ m2、指定部分(見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部分等をいう)は16 本/ m2、狭幅部は幅中央に200mm ピッチとする。
  • 浮き面積が1 m2以下の場合は、標準位置グリッド図を当てはめた最大本数程度とする。

【使用する機材】

  • チョーク
  • スケール等

3.アンカーピン注入口の穿孔

スーパーアンカーピン固定部の穿孔を行う。

  • 規定のコンクリート用ドリルビットを用い、壁面に対し直角に穿孔する。
  • 穿孔は、マーキングに従って行い、55mm の深さに達するまで行う。(仕上げ厚さ25mm 以内の場合)

【使用する機材】

  • 電動ドリル等

4.孔内の清掃

穿孔後は、圧さく空気等で切粉等を除去する。

  • 孔内をブラシ等で清掃後に行う。

【使用する機材】

  • ブラシ
  • 圧縮空気等

5.孔内の確認

穿孔内の乾燥状態を確認し、湿潤状態のときは、監督員と協議を行う。

6.浮き代の確認

穿孔部の浮き代を測定し、監督員に報告する。測定は、浮き面積1 m2当たり3 箇所とし、その平均を浮き代とする。浮き代の測定は、コア抜きする方法の他に、細針金等をL 字に加工した浮き間隙幅測定端子や内視鏡を用いる方法がある。

7.ピンの挿入と開脚

スーパーアンカーピンを孔へ挿入し、ハンマーで表面と平滑になるまで打ち込む。

  • スーパーアンカーピンの種類はモルタルの厚さにより選定する。(躯体に20mm 以上の深さとする)
  • 専用の打ち込み棒でピン内部のプラグを、所定の位置まで打ち込み開脚する。

【使用する機材】

  • ハンマー等

8.計量・混練

スーパーアンカーピン固定用エポキシ樹脂を、製造所の仕様により均一になるまで混練りする。

  • 主剤と硬化剤を正確に計量する。
  • スーパーアンカーピン固定用エポキシ樹脂はJIS A 6024 硬質形・高粘度形相当品とする。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練容器
  • 混練具等
  • EP35、EP48

9.注入

スーパーアンカーピン固定用エポキシ樹脂を徐々に充てんする。

  • 注入はグリスガンを用い、専用ノズルにて徐々に充てんする。
  • 充てん量は特記による。
  • 特記がなければ注入孔1箇所当たり25cc(約30g)とする。

【使用する機材】

  • グリスポンプ等
  • EP35、EP48

10.養生

スーパーアンカーピン固定用エポキシ樹脂が硬化するまで適切な養生を行う。

  • 衝撃を与えないようにし、降雨等からも適切な養生を行う。
  • 夏期では15 時間程度、冬期では24 時間程度養生を行う。

【使用する機材】

  • 養生用具等

11.残存浮きの確認とマーキング

残存浮き部分を再確認し、改修範囲を決定する。

  • テストハンマー等により残存浮き部分を再確認し、注入孔の位置をチョーク等でマーキングする。
  • 浮き部分に対する注入孔数は、特記による。
  • 特記がなければ一般部分は9 本/ m2、指定部分(見上げ面、ひさしのはな、まぐさ隅角部分等をいう)は16 本/ m2、狭幅部は幅中央に200mm ピッチとする。
  • 浮き面積が1 m2以下の場合は、標準配置グリッド図を当てはめた最大本数程度とする。

【使用する機材】

  • テストハンマー
  • チョーク等

12.注入口の穿孔

注入口の穿孔を行う。

  • コンクリート用ドリルを用い、ノズルにあった直径のビットにて、壁面に対し直角に穿孔する。
  • 穿孔は、マーキングに従って行い、構造体コンクリート中に5mm 程度の深さに達するまで行う。

【使用する機材】

  • 電動ドリル等

13.孔内の清掃

穿孔後は、圧さく空気等で切粉等を除去する。

  • 孔内をブラシ等で清掃後に行う。

【使用する機材】

  • ブラシ
  • 圧縮空気等

14.計量・混練

注入用エポキシ樹脂を製造所の仕様により、均一になるまで混練りする。

  • 主剤と硬化剤を正確に計量する。
  • 注入用エポキシ樹脂はJIS A 6024 中粘度形、低粘度形相当品を選択する。

【使用する機材】

  • はかり
  • 混練容器
  • 混練具等
  • EP20、EP35、PE48

15.注入

注入用エポキシ樹脂を浮き部全面に注入する。

  • 注入はグリスガンを用いる。
  • 注入孔から注入材料がもれないように注意して、残存浮き部に内圧がかからないように下部から上部へ、片端部から他端部へ、打診しながら注入する。
  • 注入量は、特記による。
  • 特記がなければ注入孔1 箇所当たり25cc(約30g)とする。

【使用する機材】

  • グリスポンプ等
  • パッキン、ウエス等
  • EP20、EP35、PE48

16.仕上げ

パテ状エポキシ樹脂等で仕上げる。

  • 目立たぬ色のパテ状エポキシ樹脂等で仕上げる。

【使用する機材】

  • パテベラ等
  • EP45、EP80

17.養生

注入用エポキシ樹脂が硬化するまで適切な養生を行う。

  • 注入後24 時間程度、振動や衝撃を与えないよう養生を行う。

【使用する機材】

  • 養生用具等

18.清掃

注入部以外に付着した材料は、適切な方法で除去し清掃する。

【使用する機材】

  • ワイヤーブラシ
  • ディスクサンダー
  • 皮スキ等

19.自主検査

注入材料の注入状態を次により確認し、その結果を監督員に提出して、承諾を受ける。

  • 注入材料の硬化後、アンカーピン固定部、注入部及びその周辺500mm程度にわたり打診により検査を行う。
  • 浮きが発見された場合は、速やかに上記検査結果を監督員に報告する。
  • 浮き部の補修は、監督員の承諾を受けて行う。

【使用する機材】

  • テストハンマー
  • 目視

関連製品一覧