一液低温硬化型フレキシブル導電性接着剤SX-ECA48

SX-ECA48 135ml

SX-ECA48 10ml

特長

  • 低温硬化性
  • 優れた柔軟性
  • 優れた接着耐久性
  • 優れた導電耐久性

用途

  • 熱に弱い部材近傍での各種電子部品の実装・接合
  • 異方性を必要としない部位でのACF代替
  • 電気部品のアース用途
  • ノイズ対策におけるシール接着

製品データ

硬化温度別の接着強度の立ち上がり

0分 15分 30分 60分 120分 180分 1日 3日 7日
23℃50% 0.0 0.5 1.0 1.6 1.7 2.6 3.2 2.9 3.3
50℃ 0.0 1.3 1.8 2.4 2.6 3.1 - - -
80℃ 0.0 2.1 2.7 2.6 3.0 2.6 - - -

試験方法:プルプッシュメーターによる横押しせん断試験

被着体:3216型チップ部品 (電極Sn)×Cu

d_t_elastic_sxeca_sxeca48_graph02.jpg

硬化温度別の体積抵抗率

23℃ 40℃ 60℃ 80℃
0分 0.L. 0.L. 0.L. 0.L.
30分 6.90E-02 1.90E-03 9.90E-04 8.90E-04
60分 7.20E-03 1.80E-03 9.60E-04 9.00E-04
120分 4.90E-03 1.80E-03 9.20E-04 8.80E-04

試験方法:4深針法 各硬化温度・時間で硬化させた直後に、23℃50%下で体積抵抗率を測定

膜厚:200±50μm

d_t_elastic_sxeca_sxeca48_graph01.jpg

一般性状

SX-ECA48
用途/特性/特長 導電性接着剤
タイプ 1液型弾性接着剤
主成分 アクリル変成特殊ポリマー
外観 銀色ペースト
粘度 Pa・s/23℃ 350
密度 g/cm3 3.1
指触乾燥時間 5分
引張りせん断接着強さ MPa 1.0
ガラス転移点温度 -62
弾性率 MPa 225
線膨張係数 ppm/K 190
熱伝導率 W/m・K 2.6
体積抵抗率 Ω・cm 1.5×10-3
RoHS適合品
容量規格 10ml/チューブ
135ml/チューブ
オンラインショップでチェック 購入方法

注意事項

  • 本品は空気中の湿気と反応することで硬化反応が進行します。導電性接着剤が空気に触れる状態(キャップ解放時など)での放置は避けてください。
  • チューブからのご使用後、ふたを閉めずに放置し、次のご使用まで間が空いた場合は、チューブ先端の導電性接着剤の硬化が進んでいる恐れがあります。先端を少量捨ててからご使用ください。
  • 導電性接着剤の粘度が高いような印象を受ける時、または、分離がみられるときは、導電性接着剤のチューブを揉み解すようにして混ぜた後ご使用ください。混ぜる際はキャップを緩みなく締めて行ってください。
  • 保管の際は湿気の侵入を避けるため、導電性接着剤とキャップの間に空気が入らないように、液面をキャップのすぐ近くまで持ち上げ、キャップを緩みなく締めてください。
  • 低温(5℃)での保管を推奨いたします。また、密閉容器など空気が入らない環境や、デシケーター内のような湿度の低い環境での保管も推奨されます。
  • 低温で保管する場合は、低温環境から取り出した後半日程度放置し、常温に戻してからご使用ください。その際、結露の発生はできるだけ避けてください。
  • ノズルはテーパ型ノズルの使用を、また、ノズル内径は0.25mm以上を推奨いたします。
  • 空気中の湿気と反応して硬化するため、連続での使用時、ノズル先端に硬化物が生成する可能性があります。ある程度の時間おきにノズル先端をぬぐい、付着した導電性接着剤を取り除いてください。
  • シリンジに充填した状態で保管すると、増粘などの変質が起こります。当日のご使用分のみをシリンジに移してご使用ください。

関連製品一覧

工業用のおすすめコンテンツ

SX8008
SDS/カタログ検索
接着基礎知識
わからないことはここで解決!「Q&A」