弾性粘着剤

液状弾性粘着剤

シリコーンゴムやポリプロピレンなど様々な材料に密着し、また再剥離性の良い液状粘着剤としても使用できるとてもユニークな粘着剤です。また、液状のため粘着加工品のように打ち抜き加工による材料ロスや離型紙などの廃棄物が発生せず、環境対応と大幅なコストダウンが期待できます。

特長

  • 再剥離性:つけたり剥がしたりでき、のり残りも少ない、
  • 多用途:シリコーン、ポリプロピレン、多孔質材料など、幅広い用途に適用が出来ます。
  • 高い柔軟性を有し、微振動やヒートショックに対する優れた耐久性を示します。
  • 液状のため自動塗布によるフレキシブルな生産可能、また段差追従性・部材への圧締力の低減が可能です。

用途

  • シートや薄いゴムなどの貼り合わせ。
  • PEやPP、シリコーンゴムなど、難接着材料の貼り合わせ。
  • 曲面や凹凸のある部材への貼り合わせ。
  • 仮止めや貼り直しの必要な場合。

製品データ

一般性状

BBX909
用途/特性/特長 湿気硬化型
タイプ 1液形弾性粘着剤
主成分 アクリル変成シリコーン樹脂
外観 淡黄色透明ペースト
不揮発分 wt% 94
粘度 Pa・s/23℃ 26
密度 g/cm3 0.97
粘着発現時間 23℃ 7分
180°はく離接着強さ N/25mm※2 20
粘着特性 粘着性(PETフィルムXステンレス) ボールNo.※4 17
ボールNo.※5 22
保持力(PETフィルムXステンレス) mm/1kg・80℃※6 0
容量規格 135ml/チューブ
Google検索
※リンク先は、外部サイトになります。
Google検索

※1 メタルハライドランプ(照度500mW/cm2)
※2 被着体:PETフィルムXステンレス 塗付厚:100μm(ステンレス側に片面)塗付
  23℃50%RHにてオープンタイム30分、28日経過後
※3 JIS Z0237 2008に準拠(測定幅25mm)
※4 23℃50%RH オープンタイム30分
※5 23℃50%RH オープンタイム24時間後
※6 試験体作成方法:PETフィルムに片面塗付しオープンタイム30分後、ステンレスに貼り付け。
  塗付厚:100μm 粘着面積:25mmX25mm
  試験方法:1kgの荷重をかけ、80℃条件下に60分置いてずれた距離、
  またはPETフィルムが試験片から落下するまでの時間を測定。

SDS/カタログ検索
お問い合わせ

関連製品一覧

工業用のおすすめコンテンツ

EP001K
SDS/カタログ検索
接着基礎知識
わからないことはここで解決!「Q&A」