2019年11月21日3Dプリンター

3Dプリンターの造形物をくっつけよう! ~SLA編~

img_3DSLA_000.jpg

今回は高い安定性と高精細な造形性を誇る米国Formlabs社のデスクトップSLAプリンター「Form 2」の専用レジンを検証しました。

SLA(Stereo Lithography Apparatus)とは

光造形方式とも呼ばれ、光硬化タイプの液体樹脂に紫外線を当て、一層ごとに樹脂を硬化させながら立体物を造形する方式です。一層分の光硬化が済むと、テーブル(造形物が設置されている造形台)が垂直方向に移動し、次の層を造形します。高精細かつ表面の滑らかな造形物を作成することが可能です。

SLA造形物の表面

SLAで造形した樹脂は表面が滑らかと言われており、電子顕微鏡でもその平坦さが確認できます。ただし、光硬化樹脂は表面に未硬化樹脂が残る場合があるので、接着剤を塗る前にアルコール洗浄することをオススメします。

▲Form 2専用スタンダードレジンの表面

評価結果

スタンダードレジン

img_3DSLA_003.jpg

繊細かつ正確なディテイールを表現できる汎用レジンです。

使用プリンター:Form 2(Formlabs)

弾性多用途
(速硬化)
瞬間接着剤 難接着素材用
エポキシ系
水性ウレタン系
スーパーX
ゴールド
3000多用途 EP001N ハイグレード模型用
造形協力:Formlabs

エンジニアリングレジン(Durable Resin)

img_3DSLA_004.jpg

ポリプロピレン(PP)を模したレジン。割れにくく曲げに対して粘りのある材料です。

使用プリンター:Form 2(Formlabs)

弾性多用途
(速硬化)
瞬間接着剤 難接着素材用
エポキシ系
水性ウレタン系
スーパーX
ゴールド
3000多用途 EP001N ハイグレード模型用
造形協力:Formlabs

評価方法

  • 破壊状態がCF・AFのいずれかで、接着強度が1.5MPa以上の場合/破壊状態がMFの場合 ⇒◎
  • 破壊状態がCF・AFのいずれかで、接着強度が1.0MPa~1.5MPaの場合 ⇒○
    ※MF、CF、AFの解説はこちらからご確認ください

オススメ接着剤

多用途接着剤(速硬化タイプ)『スーパーXゴールド』

img_3DSLA_005.jpg

  • 1本で様々な素材に使用できる
  • 熱・水・ショックに強く”はがれにくい”
  • 弾力をもって固まる”弾性接着剤”
  • ニオイがしない
    液の色:透明
    動かなくなるまでの時間:1~2分

SLAで造形する樹脂は、アクリルをベースとする樹脂が多いです。最近、マルチカラーのみならず質感や物性を自由に選べるようになってきていますが、その場合、同じアクリルベースといえど、少しずつ成分が異なるそうです。

  • 成分が異なる樹脂を接着する
  • 物性が異なる素材を接着する

の両方を達成するには、多用途かつ弾性接着剤であるスーパーXゴールドが適しています。また、樹脂自体の材料強度があまり高くないため、材料にかかる外力を分散する意味でもスーパーXゴールドがおススメです。

その他の接着剤

  • 瞬間接着剤3000多用途…すばやく接着したい時にオススメです

  • 水性ウレタン系接着剤ハイグレード模型用…透明で糸引きがなく、ベタつかないため使いやすいです。固まる前であれば水拭きで拭き取れるため、美しく仕上げたい方にオススメです。

  • 弾性エポキシ接着剤EP001N2液混合タイプの接着剤です。強固に固定したい時にオススメです。

造形協力

img_3DSLA_006.png

関連記事

おすすめコンテンツ

わからないことはここで解決!「Q&A」