素材や部位による接着剤選びのポイント4.合成ゴムをつけたい!

合成ゴムを接着するときのポイント。


特長

ゴムも色々

生活用品には様々なゴム製品があります。靴、クッションゴム、輪ゴム、ボール、人形など。また、一口にゴムと言っても、非常に多くの種類があり、一般にはその見分けは困難です。
接着しにくいゴムの種類には、輪ゴムなどの「天然ゴム」、靴底などの「ウレタンゴム」、窓枠パッキンなどの「EPDMゴム」などがあります。さらに、「シリコーンゴム」はとてもつきにくく、「フッ素ゴム」は一般的には接着出来ません。

ゴムのつける時のポイント

ゴムを接着する際に気をつけるべき点は「表面」と「用途」。
表面に離型剤などの残留油分が浮いている場合は、接着しにくく、接着した後も剥がれやすいことが多いので要注意。表面をしっかり洗浄し、乾燥させることが大事。さらに、接着剤の食いつきをよくするために、可能な限り、サンドペーパーで表面を荒らすことをおすすめします。
また、ゴムが使われている部位は、衝撃が加わったり、曲げられたり、伸ばされたりする個所が多いことにも注意が必要です。この場合、瞬間接着剤のように硬く固まるタイプより、弾性接着剤を使用した方が、後々はがれにくいという利点があります。

おすすめの接着剤

UT110
ゴムへの接着性を高めた弾性接着剤。合成ゴム同士や、合成ゴムと異種素材の接着に適しています。ウレタンゴムの接着にはこちらがおすすめです。
セメダイン3000
一般的に、瞬間接着剤は合成ゴムの接着に適しています。
速乾G
合成ゴム同士の接着には、古くからゴム系接着剤が使われています。透明タイプより接着力の強い褐色タイプのこちらの製品がおすすめです。
EP001N
エポキシ樹脂をブレンドした高強度弾性接着剤です。難接着物への接着性に優れ、EPDMゴムへの接着性にも優れます。
スーパーXゴールド
超多用途接着剤であるスーパーXシリーズは、合成ゴムと金属などの異素材接着に適しています。
PPXセット
シリコーンゴムの接着には、特殊なプライマーと瞬間接着剤がセットになったこちらがおすすめです。
  UT110 3000ハイスピード 速乾G EP001N スーパーXゴールド PPXセット
タイプ ゴム・プラスチック用弾性接着剤 多用途瞬間接着剤 ゴム系多用途接着剤 エポキシ系ハイブリッド弾性接着剤 超多用途弾性接着剤 難接着物専用瞬間接着剤
画像 20ml/ブリスター 3g/ブリスター 20ml/ブリスター 40gセット/ブリスター 20ml/ブリスター 6gセット/ブリスター
色/規格 20ml/ブリスター 3g/ブリスター 20ml/ブリスター 40gセット/ブリスター 20ml/ブリスター 6gセット/ブリスター
品番 AR-530 CA-155 CA-161 RE-004 AX-014 CA-522
JANコード 4901761504898 4901761364737 4901761100892 4901761151801 4901761183543 4901761504812
オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック オンラインショップでチェック
備考   20g入りもあります。 50ml入りもあります。   135ml入りもあります。  

自転車のタイヤチューブの場合

自転車のタイヤチューブの場合は、セメダインの製品ではありませんが、自転車屋さんなどで売っている通称「パンクのり」がおすすめです。