2020年11月27日ロボコン

高専ロボコン2020|九州沖縄地区大会観戦レポート

11月1日午後、中国大会に続き行われたのは、今大会最多の28チームが参加する激戦区、九州沖縄地区大会です。音楽、お祭り、家事、様々なテーマでつくられたロボットたちは、「本当にあったら良いのに……!」と唸るものから、思わずクスッと笑ってしまうものまで、どれも見ごたえ十分です。パフォーマンスを更に魅力的にする、学生たちのプレゼンテーションにもご注目ください。

今年はバーチャル会場が設営されました!

今年の競技は?

今年のテーマは、【だれかをハッピーにするロボットを作ってキラリ輝くパフォーマンスを自慢しちゃおうコンテスト】略して「はぴ☆ロボ自慢」!
従来のような競技テーマはありません。学生たちの自由なアイデアで見た人をハッピーにするロボットを披露します。

 「ロボ自慢」は、おなじNHKの「のど自慢」を模したそうです…。

審査ポイント
  • テーマ設定の説得力と実現のためのロボットのアイデアのすばらしさ
  • チームが置かれた環境の中での材料の工夫と技術力のすばらしさ
  • ロボットのパフォーマンスのすばらしさ
審査方法
  • チームごとに順番にパフォーマンス
  • 審査員が1人につき10点満点で採点、審査員5人合計で50点満点
  • 審査員5枠の合計得点が高かった上位5チームが決勝ラウンドに進出
パフォーマンス時間
  • 予選ラウンドは2分以内
  • 決勝ラウンドは3分以内

出場チーム紹介

No 出場校 ロボット名・プロジェクト名 No 出場校 ロボット名・プロジェクト名
1 久留米高専 Aチーム ペイントキング 15 熊本高専(八代)Bチーム お祭りSAWAGI
2 久留米高専 Bチーム ROBI 16 熊本高専(八代)Cチーム ピクチャー
3 有明高専 Aチーム 奇術団chamomile 17 熊本高専(八代)Dチーム Fold Machine
4 有明高専 Bチーム 大蛇dance鐘ナラシ 18 大分高専 Aチーム チアロボ
5 北九州高専 Aチーム アルティメットちゃぶ台返し・とりゃーキング 19 大分高専 Bチーム ローリングどっかんGO!
6 北九州高専 Bチーム トイレスキュー 20 大分高専 Cチーム ロボット★音楽隊
7 北九州高専 Cチーム 桃太郎クエスト 21 大分高専 Dチーム ロボットイレブン
8 北九州高専 Dチーム Paint Parrot 22 都城高専 Aチーム 愛らしサポート!らしーる君
9 佐世保高専 Aチーム ロボトーン 23 都城高専 Bチーム とどけ!ケーキゴーランド!
10 佐世保高専 Bチーム キットCat 24 都城高専 Cチーム ひらけ!ウッシッシ
11 佐世保高専 Cチーム ウイルスバスターズ 25 鹿児島高専 Aチーム KIBAIYANSE
12 熊本高専(熊本)Aチーム たけし 26 鹿児島高専 Bチーム 華美
13 熊本高専(熊本)Bチーム C-BUSTERS 27 鹿児島高専 Cチーム 劇団楽楽
14 熊本高専(八代)Aチーム おひとよし鉄道隊 28 沖縄高専 Aチーム ryuとtama

ここからは、知恵とアイデアが詰まった各校のロボットたちの一部を紹介します☟

熊本高専(熊本)Aチーム「たけし」

熊本高専熊本キャンパスAチーム「たけし」は、「複数で取り組む方が筋トレは長続きする」ことに着目した筋トレ応援ロボット。シリコーンラップで少しだけパンプアップしたたけし君が、筋トレ中に声援を送ってくれます。(たけしって誰…?)

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_003.JPG

沖縄高専Aチーム「ryuとtama」

沖縄高専Aチームの「ryuとtama」は、制作期間はわずか10日間、メンバーは3人という非常に厳しい環境下で琉球獅子舞ロボットを完成させました。はじめての作成、はじめての制御と初めて尽くしでしたが、荘厳な獅子舞の顔、顔に自動追尾する胴体の2台のロボットで、見事に2分のパフォーマンスを演じ切りました。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_004.JPG

佐世保高専Bチーム「キットCat」

佐世保高専Bチームのネコロボット「キットCat」は、可愛らしい仕草で構ってアピールをしてきます。背中のスイッチを切られても尻尾で勝手にスイッチを入れたり、首輪の色でご機嫌がわかったり、目の前の好物を自動で追いかけたり、猫らしさと技術力がふんだんに詰め込まれています。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_005.JPG

久留米高専Aチーム「ペイントキング」

久留米高専Aチーム「ペイントキング」は、ペンタブコントローラーと同期してロボットがアマビエを描いてくれました。常にロボットが自分の位置を計算し、どの方向に何mm動くかを考えて行動します。移動モーターは今回のロボコン以上に大きなロボットも動かせるように設計されており、来年以降も活用できるそうです。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_006.JPG

有明高専Bチーム「大蛇dance鐘ナラシ」

有明高専Bチーム「大蛇dance鐘ナラシ」は長崎の「大蛇山祭り」と「炭坑節」を組み合わせたオリジナリティあふれるパフォーマンスを披露しました。迫力のある大蛇ロボットと、ミュージシャンや医療関係者、飲食店関係者に感謝を伝える炭坑節ロボットたちに心が温まりました。最後は、炭鉱の鉱夫たちがのど自慢式に鐘を鳴らして合格アピール♪

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_007.JPG

いよいよ決勝ラウンド!

予選ラウンドをおえ、決勝に駒をすすめたのはこの6チーム!
ここからは競技時間が3分に!予選では見られなかった新たなパフォーマンスが披露されます。

鹿児島高専Cチーム「劇団楽々」

鹿児島高専Cチーム「劇団楽々」は、中国の変面師がテーマ。素早い変面はもちろん、モーションキャプチャを使った滑らかな「ロボットダンス」を披露しました。ライントレースを活用した30台の花火ロボットが足元を彩ります。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_008.JPG

北九州高専Bチーム「トイレスキュー」

トイレに入ってからペーパーがない!と絶望する人をなくす、と言う確固たる信念を見せつけたのは北九州高専Bチーム「トイレスキュー」 。モーターで吸盤のアームを動かし、ロックとロック解除を繰り返しながらトイレの垂直なカベをスルスルとのぼり、救いの手(ペーパー)を差し伸べてくれます。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_009.JPG

北九州高専Cチーム「桃太郎クエスト」

続いては北九州高専Cチームの「桃太郎クエスト」。予選で犬ロボット・サルロボット・キジロボットによる見事な全自動刀リレーを披露した同チームは、決勝ラウンドでは鬼退治にすすみます。残念ながら桃太郎ロボットが不発に終わってしまいましたが、犬ロボットのリアルな駆動、サルロボットの木登り機構、キジロボットのなめらかな羽ばたきは見事成功し、技術力の高さを見せました。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_010.JPG

大分高専Aチーム「チアロボ」

大分高専Aチーム「チアロボ」 は、扱いの難しい布を使ったパフォーマンス。4台のロボットが互いに通信しあって、パラバルーンを操ります。会場の装飾、カメラワークのレベルも高く、決勝では人とロボットが力を合わせて大技「バルーンクリスタル」を成功させました。

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_011.JPG

熊本高専(八代)Bチーム「お祭りSAWAGI」

熊本高専八代キャンパスDチーム「Fold Machine」は昨年の高専ロボコンの続編を感じさせる洗濯物たたみロボットを作りました。Tシャツをハンガーにかけてセットするだけ、半そでも長そでも美しくたたんでくれます。お値段なんと69,800円+人件費!今なら昨年の洗濯物干しロボット「洗匠」もついてくる!

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_012.JPG

熊本高専(八代)Dチーム「Fold Machine」

熊本高専八代キャンパスDチーム「Fold Machine」は昨年の高専ロボコンの続編を感じさせる洗濯物たたみロボットを作りました。Tシャツをハンガーにかけてセットするだけ、半そでも長そでも美しくたたんでくれます。お値段なんと69,800円+人件費!今なら昨年の洗濯物干しロボット「洗匠」もついてくる!

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_013.JPG

以上で全パフォーマンスの発表が終了です!

皆さんお疲れ様でした!沢山のハッピーをありがとうございます!

表彰式

結果はこちら!

最優秀賞 大分工業高等専門学校 Aチーム「チアロボ」 Youtube動画はこちら
アイデア賞 佐世保工業高等専門学校 Bチーム「キットCat」 Youtube動画はこちら
技術賞 熊本高等専門学校(八代)Bチーム「お祭りSAWAGI」 Youtube動画はこちら
デザイン賞 佐世保工業高等専門学校 Aチーム「ロボトーン」 Youtube動画はこちら
協賛企業特別賞 本田技研工業株式会社 北九州工業高等専門学校 Aチーム「アルティメットちゃぶ 台返だいがえし・とりゃーキング」 Youtube動画はこちら
マブチモーター株式会社 都城工業高等専門学校 Cチーム「ひらけ!ウッシッシ」 Youtube動画はこちら
株式会社安川電機 都城工業高等専門学校 Bチーム「とどけ!ケーキゴーランド!」 Youtube動画はこちら
東京エレクトロン株式会社 沖縄工業高等専門学校チーム「ryuとtama」 Youtube動画はこちら
田中貴金属グループ 鹿児島工業高等専門学校 Bチーム「華美」 Youtube動画はこちら
ローム株式会社 大分工業高等専門学校 Bチーム「ローリングどっかん GO!」 Youtube動画はこちら
セメダイン株式会社 熊本高等専門学校(熊本)Aチーム「たけし」 Youtube動画はこちら

最優秀賞

全国大会の切符を勝ち取ったのは、布と言う難しいアイテムを4台の制御で完璧に使いこなした大分高専Aチーム「チアロボ」!おめでとうございます。

アイデア賞 

「癒し」の見せ方にアイデアが光った佐世保高専Bチーム「キット Cat」が受賞しました。愛らしさだけでなく、2分間のパフォーマンス時間を有効に使った「見せ方」が高く評価されました。

技術賞

熊本高専八代キャンパスBチーム「お祭りSAWAGI」が受賞しました。「リモート射撃」というテーマ設定の適切さと、それを実現する照準・同期の精度の高さ、高速発射を可能にする摩擦を減らす機構が見事でした。

デザイン賞

佐世保高専Aチーム「ロボトーン」が受賞しました。円形鉄琴の機械的なデザイン完成度がく、違和感のない滑らかな演奏が評価されました。

全国大会出場校

九州沖縄地区からは、4チームが全国大会に出場します。

最優秀賞チーム 大分工業高等専門学校 Aチーム「チアロボ」
推薦チーム 熊本高等専門学校(八代)Dチーム「Fold Machine」
推薦チーム 北九州工業高等専門学校 Bチーム「トイレスキュー」
推薦チーム

都城工業高等専門学校 Bチーム「とどけ!ケーキゴーランド!」

バーチャル国技館ではどんなパワーアップを見せてくれるのでしょうか。
全国大会(オンライン)は11月29日に開催です!皆で応援しましょう!

そして、中国地区大会に出場した28チームの皆さん、大変お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとうござました!

img_kousenrobocon2020_kyusyuokinawa_014.JPG


関連記事

おすすめコンテンツ

amazon.com
わからないことはここで解決!「Q&A」