エポキシ・変成シリコーン系弾性接着剤 EP001K

特長

従来の硬くて脆いというエポキシ樹脂系接着剤のイメージを大きく変え、『柔軟かつ強靱』な特性を有し、『より剥がれにくい接着剤』へと大きく飛躍した二液混合反応型エポキシ・変成シリコーン系弾性接着剤です。

  • 高はく離、高せん断接着強さを要求される接着に。
  • 振動がかかる場所の接着に。
  • 応力変化が大きい環境下での接着に。
  • 線膨張係数差の大きい異種素材間の接着に。
  • 各種エンジニアリングプラスチックの接着に。

製品データ

各種被着材に対する接着性

(単位:MPa)
接着強さ 破壊状態
プラスチック PVC 5.51 CF
PC 5.46 CF
ABS 5.38 CF
PMMA 3.72 CF2AF8
6Ny 4.07 CF8AF2
PET 4.88 MF
PBT 3.44 AF
PPO 4.16 CF5AF5
PPS 4.19 CF5AF5
金属 SPCC 6.15 CF
AL 7.57 CF7AF3
SUS 5.90 CF8AF2

※CF:接着剤の凝集破壊 AF:界面破壊 TCF:接着剤の薄層凝集破壊 MF:被着材の材料破壊
 数字はそれらの割合を示す。

試験条件:JIS K6850 接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法に準拠
養生:23℃50%RH×7日


混合比別特性

混合比(主:硬) 引張りせん断接着強さ はく離接着強さ 硬度
(ショアA)
接着強さ 破壊状態 接着強さ 破壊状態
60:40 6.04 MPa CF 2.90 N/mm CF 75
55:45 6.15 MPa CF 3.14 N/mm CF 72
50:50 6.15 MPa CF 3.85 N/mm CF 72
45:55 7.10 MPa CF 4.12 N/mm CF 71
40:60 6.09 MPa CF 3.90 N/mm CF 69

※CF:接着剤の凝集破壊

試験条件:JIS K6850 接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法に準拠
被着材:軟鋼板
表面処理:MEK脱脂
養生:23℃50%RH×7日


熱老化試験

s_t_EP001K_netsurouka.jpg

(単位:MPa)
試験条件(温度×時間) 引張りせん断接着強さ
常態 6.15 CF
100℃ 500h 7.56 CF
1000h 7.53 CF
120℃ 100h 6.11 CF
250h 5.38 CF
500h 4.61 CF
1000h 2.59 CF
150℃ 100h 6.15 CF
250h 3.10 CF
500h 3.08 CF
1000h 2.68 CF
180℃ 100h 2.10 CF
250h 1.20 AF

※CF:接着剤の凝集破壊 AF:界面破壊

試験条件:JIS K6850 接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法に準拠
被着材:軟鋼板
表面処理:MEK脱脂
引張り速度:50mm/min


熱間強度試験

s_t_EP001K_nekkan.jpg

(単位:MPa)
接着強さ 破壊状態
-40℃ 8.96 CF
23℃ 6.15 CF
50℃ 5.95 CF
80℃ 6.27 CF
100℃ 6.13 CF
120℃ 2.83 CF3AF7
150℃ 2.64 CF2AF8

※CF:接着剤の凝集破壊

試験条件:JIS K6850 接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法に準拠
被着材:軟鋼板
表面処理:MEK脱脂
測定条件:各温度条件下で測定
引張り速度:50mm/min


高温高湿試験

s_t_EP001K_koonkoshituyosikawa.jpg

(単位:MPa)
接着強さ 破壊状態
常態 7.57 CF
85℃85% 100h 8.96 CF
250h 7.83 CF
500h 7.14 CF
1000h 6.81 CF

※CF:接着剤の凝集破壊

試験条件:JIS K6850 接着剤−剛性被着材の引張せん断接着強さ試験方法に準拠
被着材:AL

製品ラインナップ

品名
二液混合型エポキシ系 標準タイプ 1500,スーパー
速硬化タイプ ハイスーパー5,ハイクイック,EP330/ハイスーパー30,EP331
透明タイプ 1565,1565+硬化剤D,エクセルエポ
可とう性タイプ EP007,EP008
弾性型 EP001K
一液加熱硬化型エポキシ系 汎用タイプ EP138,EP106NL,EP122,EP116新,EP171
可とう性タイプ EP170,EP170-2
耐熱性タイプ EP610,EP160
注型用 EP811,EP582

関連製品一覧